浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?

浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?

水道水からは消毒を目的として投入される塩素を原因とするカルキ臭など、不純物をもととする嫌なにおいが生じることもあり、それを理由に水道水をそのまま口にすることに対して抵抗を感じている方も少なくありません。浄水器はそのようなにおいの原因となる不純物の除去に長けており、その使用は特に有効な対策のひとつといえます。

一方で浄水器の中には不純物を除去するためのフィルターが内蔵されていますが、このパーツは消耗品でもあるため、多くの浄水器ではこの箇所がカートリッジ式になっており、定期的に交換できるようになっています。

しかしながら、浄水器のユーザーの中には、このカートリッジの定期的な交換を怠っている方も少なくありません。ここでは、浄水器のパーツの一部でもあるフィルターを含むカートリッジを交換しなかった場合に生じる不具合について解説したいと思います。

十分なろ過機能が保証されなくなる

蛇口 浄水器のカートリッジの定期的な交換を怠った場合にほぼ例外なく生じる不具合が、十分なろ過機能が保証されなくなるということです。

上述のとおり浄水器のカートリッジに含まれるフィルターは消耗品となっていますが、これは水道水がフィルターを通るに従い、水道水中に含まれる不純物がフィルターの細かい目に引っかかるようになり、使用開始からしばらくすると目詰まりを起こすようになるためです。フィルターの素材は逆浸透膜や活性炭を使用したものなど多岐にわたりますが、このような目詰まりの現象はほぼ例外なくすべての浄水器で生じることから、カートリッジの定期的な交換は推奨されているのです。

目詰まりが著しい状態になったフィルターでは、水は通すものの不純物の除去は行えなくなり、浄水器本来の十分なろ過機能も保証されなくなってしまいます。これにより、水道水から生じるカルキ臭などの嫌なにおいもまた除去されなくなってしまうため、水道水を口にすることに抵抗を感じるという方が特に気にする点の解消もできなくなるという点で、浄水器のカートリッジの交換は必ず行う必要があるといえます。

内部の衛生状態が悪くなり、健康被害が表れることも

水道と業者 一方で浄水器のカートリッジを定期的に交換しないと内部の衛生状態が悪くなり、健康被害が表れる恐れもあります。

衛生状態が悪くなったカートリッジの内部で特に発生しやすいのが黒カビです。黒カビは水分、養分、常温の3つの要素がそろうと発生しやすくなりますが、特に目詰まりを起こし始めた状態のフィルターには大量の養分が存在するため、浄水器内部は常に黒カビが発生しやすい状態になっているといえます。

そのため、カートリッジの定期的な交換を行わないと、浄水器の内部は常に黒カビが生えやすい状態になっているため、それを水と共に摂取してしまうことによって下痢や腹痛、嘔吐などの健康被害が生じてしまう可能性もあります。

このように、浄水器のカートリッジは黒カビの発生を防ぐという意味でも定期的な交換が不可欠となっており、メーカーが指定する交換時期を順守する必要があります。